スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人に頼ることは、恥ではない

現在「開運レイキ」の本格始動に向けて、準備中。

まずは「開運って何?」「レイキって何?」ということがわかる小冊子を作成中。
開運レイキの無料説明会を開催する日を決め、地元タウン誌にその案内の掲載を依頼。

逆算すると、小冊子は今日までに完成させる必要があった。

ラピスさんのサポートのもと、同じく開運レイキマスターとなるパートナーの「えっちゃん」と共に、小冊子を作成。
しかし、えっちゃんは忙しいため、できるだけ私が作業を行おうと思っていた。
えっちゃんにあまり負担をかけないように、私が極力がんばろうと思っていた。

ところが、その意気込みがプレッシャーとなり、ぜんぜん作業が進まない。
そこで、ふと思った。
「2人でいっしょにやってるのに、何を考えていたんだろう」と。

私の予定では、今日は私が体裁を整えた小冊子をえっちゃんと確認する予定していた。
でも、結局は、私がパソコンでベタ打ちしたものを、えっちゃんに体裁を整えてもらい、その横で私は、小冊子に入れる挿絵のイラストを描いていた。
本当は、そのイラストを描くのもプレッシャーだった。
久しくイラストは描いてないし、上手に描けるかも不安だった。
2人でお互い「どう?」と確認しながら行う作業。
1人でやるよりも効率的で、あっという間に小冊子が完成した。

富山県人は働き者だ。
ぼーっとしていたら、叱られる。
「私がやります!!」と仕事を自ら進んでやるのが常識だ。
空気を読んで、まわりに気配りができるのが当然だと思われている。
1つの仕事に大勢の人が群がり、「私がやるからいいよ」と互いに言い合って譲らないという場面も多い。

そういう文化があるせいか、「できません」というのが、恥ずかしいと思っていた。
しかし、今は、人に頼ることも大切だと思っている。

以前は、自分がぼーっとしていて気が利かないの対して、自分以外の人ばかりがいろいろ気づいて積極的に動いているのを見ると、何も気づかずに動けなかった自分を責めていた。
また、その逆で、自分が気を利かしていろいろ動いているのに対して、ぼーっとして何もしない人を見るとイライラしていた。

今は違う。
できる人がやればいいと思っている。
人それぞれの役割がある。
自分の気が利かずに、人に何かをしてもらったら、素直に「ありがとう」と言えるようになった。
気が利かないことはダメなことではないし、人に頼ることは恥ずかしいことではないと思えるようになった。

いろいろな人を受け入れる余裕、そして、自分自身を受け入れる余裕が少し出てきたような気がした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にしさかとしこ

Author:にしさかとしこ
富山県富山市の「癒しサロン ホーリー・ワン」の「スマイルカウンセラーとしちゃん」こと「にしさかとしこ」です。

・透視リーディング・ヒーリング
・開運レイキ・ヒーリング
・開運レイキ・セミナー(伝授)
・アクセスバーズ
で、皆様の心と体の悩みを改善するお手伝いをしています。

このブログでは
・「癒しサロン ホーリー・ワン」の営業案内、商品情報
・クリスタル・パワーストーン
・おすすめヒーリンググッズ
・癒しに関する話
・・・などを
楽しく、わかりやすくお伝えします。

<セミナー(伝授)を修了したもの>
・開運レイキ(マスター)
・カルナレイキ
・アセンション・ライトワークス(STEPⅢ)
・ヒプノセラピー(催眠療法)
・タロー・デ・パリ
・アバンダンティアアバンダンスレイ
・エンジェルアチューメント
・アクセスバーズ(プラクティショナー)

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご質問・お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。