スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体を感じる

ここ最近、身体にフォーカスしている。

今、現在、身体のために、毎日実践していること
  • バタ足運動
  • 愛の呼吸法

まず、バタ足運動であるが、「魂とつながる歌の唄い方」という本郷綜海さんのワークショップで教えていただいたもの。
片足ずつ交互にバタバタと上げるというシンプルなもの。
これを「もうできない」というところまで続けて行う。
足が疲れてきたら、手も合わせて交互に上下させる。
それでも疲れてきたら、第1チャクラに響かせるように声を出す。
そして、極限まで達したら運動をやめ、ハートと第2チャクラに意識をおいて、ただただその状態を感じる。
すると、グラウンディングしているということを、感じることができる。
その後、立ち上がると、不思議なことに、普段、自分が立っている感覚とは違う感じがする。
大地、自然、地球、宇宙など生物界のいろんなエネルギーが、自分と一体化しているような感じである。
それを、ただただ感じる。
それだけでいい。

それと、愛の呼吸法。
以前のブログでも紹介したが、
恥骨から5cm上の部分に意識を置き、鼻から息を吸って、鼻から息を出す。
まず自分がどのくらいのペースで呼吸をしているのかを確認する。
そして、徐々に通常のペースより呼吸の間隔を長くしていく。
息が止まるのを感じるまで吸い、息が止まるのを感じるまで吐き出す。
毎日朝晩実践することにより、だんだん呼吸が深くなり、変容が起きるとのこと。
ただただ、その呼吸を感じる。
そして、「安全だよ」と身体に教えてあげる。
そうすることに、深くてゆったりとした呼吸になる。

それプラス、月1回のスパイラルセラピーでメンテナンスをする。
1年以上継続しているおかげで、かなり身体の状態はよくなった。

まずは、横になっている写真から。

スパイラルセラピー(施術前)

スパイラルセラピー(施術後)


上が施術前、下が施術後の写真。
下の写真の方が、背中が平になっています。

次は、直立姿勢の写真。

スパイラルセラピー(直立)2

スパイラルセラピー(直立)1


上が施術前、下が施術後の写真。
と言いたいところだが、実は上の写真が私の普段の姿で、下の写真の姿勢はかなり無理して作っています。

どうしてこうなるかというと、腹筋が弱くて身体を支えられないのです。
普段のクセが、身体に影響を及ぼしてしまっています。

なので、毎日のバタ足運動で腹筋を鍛えようと思っています。

ボディワークで身体を整えるのは大事ですが、それに伴って、自己メンテンスを継続的に行うことも大事です。
せっかく高いお金を払って行っているのだから、それを維持しないと、もったいないです。

エステも同じ。
エステへ行った直後は美しいですが、自己メンテナンスができないと、どんどんエステへ行く前の肌に戻ってしまいます。

まずは、小さなことでもいい。
ほんの数分でもいい。
何か身体にいいことを毎日、継続して始めてみましょう。
注意してほしいのは、それを義務感として行うのではなく、楽しみながらやること。

ただただ、自分の身体を感じてみてください。
ただただ、自分の身体の声を聞いてみてください。

今後、どんな風に自分の身体が変わっていくのかが、楽しみです♪
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

プロフィール

にしさかとしこ

Author:にしさかとしこ
富山県富山市の「癒しサロン ホーリー・ワン」の「スマイルカウンセラーとしちゃん」こと「にしさかとしこ」です。

・透視リーディング・ヒーリング
・開運レイキ・ヒーリング
・開運レイキ・セミナー(伝授)
・アクセスバーズ
で、皆様の心と体の悩みを改善するお手伝いをしています。

このブログでは
・「癒しサロン ホーリー・ワン」の営業案内、商品情報
・クリスタル・パワーストーン
・おすすめヒーリンググッズ
・癒しに関する話
・・・などを
楽しく、わかりやすくお伝えします。

<セミナー(伝授)を修了したもの>
・開運レイキ(マスター)
・カルナレイキ
・アセンション・ライトワークス(STEPⅢ)
・ヒプノセラピー(催眠療法)
・タロー・デ・パリ
・アバンダンティアアバンダンスレイ
・エンジェルアチューメント
・アクセスバーズ(プラクティショナー)

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご質問・お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。